家

スペアキーを作っておけば鍵紛失しても大丈夫|キールダーをつける

施錠の習慣は大切です

ドア

鍵は外出する際に施錠して出かけたり、あるいは車を運転する場合にも必須のアイテムです。大抵の場合は防犯を目的としてこれらを使用する場合が多いもので、常に船橋で持ち歩く場合にもスペアキーを作って携帯しておくことも多いものです。しかしそうはいっても船橋に住み始めて日が浅く、まだスペアキーを作っていないとかの場合もあります。このような場合に、開錠のやり方がわからない時には、鍵屋さんに来てもらって問題解決に至る場合があり助かるものです。もし携帯電話も持たず山中でこういうトラブルに見舞われた場合を想像すると冷や汗ものです。現在船橋においてこのようなことで困った場合には連絡するとすぐに来てもらえる業者があって人気のようです。

船橋で家をしばらく空ける時には防犯カメラやセンサーライト、あるいは照明器具の点灯と消灯をタイマーでセットしておくとかの防犯面での対策がありますが、家の中へ入られたら後の祭りです。一般には錠前が壊されて室内へ入られたり、中には鍵を使わずに、且つ破壊せずにピックなどの用具を使って開錠される場合もあるようです。ゴミ捨てなどで一時的に部屋を離れる間に盗難にあうという場合もあるようですからこの場合にはちょっとした時間でも施錠の習慣をつけておくことが必要です。そしてこれらの盗難にあわないためには開錠が困難な錠などを鍵屋さんに尋ねると教えてもらえることがあり、これで安全性が確保される場合もあります。合鍵も専門業者なら短い時間で作れて、錠が古くなったり変形しても作り替えてくれるので重宝します。